ソフトウェアとダウンロード

Windows用Data Lifeguard Diagnostic

ファイルサイズ: 605 KB
バージョン:: v1.31
リリース日: 10/2016 | リリースノート

ダウンロード


説明
これは Data Lifeguard DiagnosticsのWindowsバージョンです。これにより、WDの内蔵ドライブと外付けドライブをテストします。またこれに加えて、このシステムについているWDドライブのモデルとシリアルも提供することができます。
対応するオペレーティング システム
  • Windows 10
  • Windows 8 32/64-bit versions
  • Windows 7 32/64-bit versions
  • Windows Vista 32/64 bit versions
  • Windows XP 32/64-bit versions
手順
  1. Windows Data Lifeguard Diagnostics、.zipをダウンロードします。
  2. Extract and run the program, プログラム"WinDlg.exe"を解凍、起動します。Windows Vista(またはそれ以降)を実行している場合には、WinDlg.exeファイルを右クリ ックして管理者として実行を選択します。
  3. ライセンス契約を熟読、承認後、次へ進みます。
  4. メインプログラム画面に2つのウィンドウが表示されます。上部のウィンドウに、テストで使用することができる、システムに搭載されているドライブが表示されます。各ドライブのモデル番号、シリアル番号、容量、SMARTステータスが表示されます。下段のウィンドウでは、選択ドライブのパーティション情報が表示されます。
  5. SMARTステータスを試験または実行させるために、ドライブを反転表示させて上段のアイコンを選択します。
  6. テストの実行アイコンを選択すると、[DLGDIAG - Select an Option(DLGDIAG - オプション選択)]のウィンドウが表示されます。
  7. 以下のオプションが表示されます;
    • QUICK TEST - ドライブに保存されているData Lifeguard情報を収集、検証するために SMART ドライブ・クィックセルフテストを実行します。
    • 拡張試験 - 不良セクタを検知するためにフルメディアスキャンを実施します。ドライブのサイズにより、試験完了まで数時間を要する場合もあります。
    • ゼロと書き込むには - 完全消去およびクイック消去オプションにより、ドライブにゼロと書き込みます。これによりファイルシステムとデータが消失します。
    • VIEW TEST RESULT - 最新の試験結果が表示されます。
  8. 実行したい試験を選択して「開始」ボタンをクリックします。
  9. 試験が完了すると、合格/不合格のメッセージで通知されます。「閉じる」ボタンをクリックします。


製品別ソフトウェア

製品ファームウェア

* 製品が上記にない場合は、製品ページにアクセスしてください。